ルネ・ラリックとは
最新情報・インフォメーション
ラリック 作品紹介
ラリック 花瓶
ラリック プレート・ボウル
ラリック 女性像
ラリック 香水瓶
ラリック 蓋もの
ラリック ジュエリー
ラリック グラス・食器
ラリック 照明
ラリック その他
ラリック 査定・買取り
購入ガイド
ショップ案内
リンク




1860年 フランス マルヌ県アイに生まれる。
1872年 リセ・チェルゴに入学。デッサンを学ぶ。
1876年  父が亡くなる。パリの宝飾細工師ルイ・オーコックに弟子入りする。
1882年 フリーのジュエリーデザイナーとして独立する
1884年 ヴァレンヌと共同でパリ・ヴォージラールどおり84番地に「ラリック&ヴォレンヌ社」を興す。
1885年 ガイヨン広場のジュールデスタップのジュエリー工房を引き継ぐ。
1886年 マリー=ルイーズ=ランベールと結婚。娘ジョルジョットが生まれる(1910年没)
1888年 省胎七宝による最初の作品を発表する。
1889年 パリ万国博覧会にジュエリーを出品する。
1890年 テレーズ通り20番地に工房を開く。
1892年 オーギュスティーヌ=アリス=ルドリュとの間に娘シュサーンスが生まれる。
1893年 パリ装飾美術中央連合主催の宝飾コンクールで2等賞受賞。
1894年 女優サラ=ベルナールと知り合い、舞台ジュエリーを製作する。
1895年 サロンに出品。
1900年 オーギュスティーヌ=アリス=ルドリュとの間に息子マルク生まれる。パリ万国博覧会にジュエリー作品を出品し、大変な人気を呼ぶ。
1902年 オーギュスティーヌ=アリス=ルドリュと結婚。クールラレーヌ40番地に住宅・工房・展示サロンを兼ねた家を建築(建築家M.フェーヌ設計)
1904年 アメリカ・セントルイス万国博覧会に出品。アメリカ訪問。
1905年 パリ・ヴァンドーム広場24番地に新しい店をオープン。
1908年 香水商 フランソア=コティと出会い、香水瓶の製作を提案。
1909年 パリの東方 コンブ=ラ=ヴィルのガラス工場を借り、香水瓶の製作を始める。
1912年 ヴァンドーム広場の新店舗でガラス作品だけの初めての展覧会を開く。
1913年 コンブ=ラ=ヴィルのガラス工場を買取る。
1920年 アルザス地方のヴィンゲン=シュール=モデールに新工場を建設。息子のマルクが後に工場長となる。
1925年 パリの現代装飾、産業美術博覧会(通称アールデコ博覧会)に出品。ルネラリック館の他、「フランスの泉」という照明付噴水、各種パビリオンの内装などを手がけ大成功をおさめる。
1927年 豪華客船「イル・ド・フランス」号の内装を手がける。
1929年 オリエント急行「コート・ダ・ジュール・プルマン・エクスプレス」の内装を手がける。
1931年 パリ植民地博覧会のために巨大噴水の製作を手がける。
1932年 写真入りの「ルネ・ラリック社ガラス製品カタログ」を発行する。
1932〜33年 東京の朝香宮邸(現 東京都庭園美術館)の入口扉および照明などを製作。
1932〜34年 ジャージー島サンテリエの聖マタイ教会のステンドグラス・内装・扉を製作。
1933年 パリのマルサン館で大規模な回顧展が開催される。
1935年 大西洋横断豪華客船「ノルマンディー」号の一等船客用食堂の装飾・照明・天井灯などを製作する。ロワイヤル通りに新店舗を開店する。
1938年 英国国王の公式訪問に際して、パリ市はラリックの食器セットを正式な贈答品として贈る。
1939年 第二次世界大戦勃発に伴い、二つの工場の操業を中止する。
1945年 ドイツ軍によって接収されていたあ、ヴィンゲン=シュール=モデールの工場が連合軍により解放される。
5月5日 ルネ・ラリック没(85歳)
5月8日 ナチス・ドイツ降伏